社会福祉法人 至福の会 むさしの園

特別養護老人ホーム むさしの園わかば

施設長からのご挨拶

施設長 遠藤 敏 介護支援専門員・社会福祉士・介護福祉士
むさしの園わかばは、平成27年3月に開設した1ユニット10名、100床全室個室のユニット型施設です。
私たちは「自宅同様の生活を施設で継続し、笑顔あふれる介護」を目指します。
私は、長年在宅サービスに携わって参りました。在宅サービスでは、自宅で自立した生活をできるだけ長く続けられるように、サポートをして参りました。その中でほぼすべての皆様が感じていること、それは「馴染みのものに囲まれて、自分の望む生活を送りたい」ということです。この気持ちを、私は大切にしてきました。
2015年の厚生労働省の資料によると、2025年には認知症高齢者が700万人を超えると予想されています。高齢者の5人に1人が認知症という時代が、すぐそこまでやってきています。認知症高齢者に対するケアのあり方、つまり「認知症ケア」が、今後の介護を考える上で、大きな課題の一つになります。
認知症ケアにおいて最も大切なことは「安心できる環境」を作ることです。馴染みのある物、馴染みのある人など、その方を取り巻く環境が「馴染みのものに囲まれて」いることが大切です。そのため職員には、その方にとって馴染みのある人になり、その方の「望む生活」を考え、追求していくことが求められます。それが介護の専門性であり、介護職の使命だと考えております。
むさしの園わかばでは、馴染みのものに囲まれて、自分の望む生活を送り、その方らしい最期を迎えられるように、ご支援いたします。そして「笑顔あふれる介護」で皆さまをお迎えいたします。

ご入居を希望される方へ

生活相談員 宮下 敦史 介護支援専門員・介護福祉士
むさしの園わかばのページをご覧いただきありがとうございます。むさしの園わかばは平成27年3月にオープンした、全室個室100床のユニット型特別養護老人ホームです。10名単位で1ユニットとし、フロアは全10ユニットとなっています。3階建てとなっており、屋上にはグランドゴルフが出来るようになっています。
そもそもユニット型とは、利用者様を少人数単位に絞り、その限られた人数の中で介護サービスを提供し、今まで住み慣れた環境であった“自宅”に近い状態、今までおこなってきた「日々の暮らし」を継続させることを目標としています。
「施設内はどうなっているのか?」「どのように介護が行われているのか?」「ユニットケアとはなんだろうか?」など、皆さまの疑問に思ったことについて、私がご相談にのらせていただきます。なお、施設見学・入居申し込み相談などに関しては随時ご連絡をいただければ日程調整します。まずは私、生活相談員:宮下までご連絡をよろしくお願いします。

ご入居までの流れ

まず初めに生活相談員にご連絡をください。
(担当:宮下/04-2956-7760)
ご来園希望される日程日を相談員と決めていただき、
来園時に入居に関する書類・料金等の説明をします。
※アポイントなしでの入居に関する書類も提出はできますが、
事前にアポイントをとられているかたでないと
書類等の説明は出来ませんので予めご了承ください。
書類が整いましたら、電話連絡し書類提出日を決め、必要書類を提出します。
※提出書類に不備がないよう、今一度ご確認ください。
書類一式を受理したあと入所判定会議により
順位が上位の方からご連絡をします。
※上位の方には、生活相談員から優先してご連絡をします。

ご入居対象者の方

介護保険にて要介護3以上の認定がでている方。
ご入居の受け入れができない方(IVH(中心静脈栄養法)、気管カニューレ、経鼻栄養の方)
パンフレット・料金表.pdf – Adobe Acrobat ドキュメント [1.2 MB]

介護主任・施設ケアマネージャーの紹介

介護主任 島田 友之介護福祉士・介護支援専門員
ご入居者には『自宅での生活の継続』+『安心・安全に過ごして頂けるような生活環境』をつくりだし、日々安心した笑顔を見せていただけるような援助を共に働く仲間と目指しています。また、共に働く仲間とは言い合うことができ、互いに高め合おうとし、前向きな関係でいられるよう心がけ、職員みんなが働きやすい職場になるよう努めていきます。
施設ケアマネジャー 崎原 美穂介護福祉士・介護支援専門員
私の仕事は、より良いチームケアをする為に、ご居者やご家族、他職種をつなぐ役割を担っています。経験は1年とまだまだ半人前ですが、皆様とコミュニケーションを図りながら、持ち前の元気と笑顔で頑張ります。

介護主任の紹介

楓ユニットリーダー前川 昴
入居者様には生活しやすく、職員には働きやすく、そんなユニット作りを目指していきます。まだまだ未熟なリーダーですが、入居者様がより良い生活を送れるようにユニット職員と意見を出し合い、ユニットを取りまとめていきたいと思います。
遠藤 尚哉
桜ユニットリーダー遠藤 尚哉
ご入居者様一人ひとりが今までの生活・習慣を継続できる事を基本としながら、他入居者様や職員と馴染みの関係を築けるようレク活動や普段の日常で交流を深めることを大切にしていきます。また職員がその事に対応できるようユニットを作っていきます。
柚ユニットリーダー鳴川 房子
いつも入居者様に対して尊敬・感謝の気持を持って関わることを心がけています。日々のかかわりの中から信頼関係を築き、入居者様にとって居心地が良いと感じ、穏やかに生活できる雰囲気づくりに努めます。
梅ユニットリーダー長橋 裕
入居者様の皆さまが心地よく生活していただくため、ご自宅で使用していた使い慣れた家具などを持ち込んでいただき、「生活の継続」ができるようにします。ユニット職員一同、入居者様に感謝されるユニット作りができるようがんばります。
椿ユニットリーダー小川 佳織
入居者様には生活しやすく、職員には働きやすく、そんなユニット作りを目指していきます。まだまだ未熟なリーダーですが、入居者様がより良い生活を送れるようにユニット職員と意見を出し合い、ユニットを取りまとめていきたいと思います。

むさしの園わかばの一日

「老人ホームでは、一日何をして生活しているのか?」と、よく聞かれます。
そこで、ユニットでの一日を生活を取材し、掲載することになりました!入居者様の一日をご覧ください。

7:00~

起床~朝食
おはようございます!介護スタッフが入居者様と元気な挨拶を交わします。むさしの園わかばでは入居者様の体調に合わせ、減塩食やソフト食など様々な食事形態をご用意しています。

9:00~

地域との交流
今日はむさしの園わかば周辺にある保育所の子どもたちと交流会を行いました。元気で活発な子どもたちを前にしてユニットフロア内も一層活気に満ち溢れています。一緒に歌を歌い、コミュニケーションをとることで入居者様も楽しくなります。

12:00~

昼食
お昼ご飯は“ちらし寿司”で、昼食の支度を入居者様と一緒に行いました。ユニットにご入居されている方の中で自発的にスタッフに協力してくれる方もいます。お食事の盛り付けをしたり、こうして一緒にお手伝いしてくれるとスタッフとの仲も更に深まります。

14:00~

ご入浴
むさしの園わかばでは、“入浴したいタイミングでご入浴ができる”ように努めています。朝に入りたい入居者様もいれば、お昼頃に入りたい方などもいらっしゃいます。この日は昼食後に入りたいという事で、スタッフが介助に入ります。わかばでは1ユニット毎に個浴があり、入居者様の身体状況に合わせて3種類の浴室を提供しています。

15:00~

おやつ
おやつの時間になると、お飲み物と一緒に本日のおやつを提供します。おやつはゼリーや和菓子、イベントをする日では一緒にパンケーキを作り、スタッフと一緒に食べることもあります。

18:00~

夕食
本日の夕食はサンマの塩焼きです。むさしの園は食事にこだわっており、魚屋、八百屋、精肉店それぞれと契約し、また調理する厨房にはスチームコンベクションがあります。このスチームコンベクションで焼くサンマは格別です!

20:00~

就寝
夕食を済ませ、テレビを見たりスタッフとお話をしていたらもうお休みの時間です。むさしの園わかばのベッドは全自動で、入居者様1人ひとりに合った姿勢で安心して寝ることが出来ます。また、拘縮などにより四肢が当たっている場合はスネーククッションなどを使い、褥瘡予防に努めています。

居室ご紹介

寝たきりの方でも褥瘡にならないよう、各ユニットに低反発マットレスを4室設けています。
感染症予防のため、全室に加湿機能付きエアコンとユニット共用スペースに
大型加湿機能付き空調機、オゾン発生器を完備し、インフルエンザやノロウイルスの防止に努めております。
トイレは全てウォシュレット付き暖房便座を完備しています。

wakaba

むさしの園わかば“こだわりのユニット空間”

温度・湿度の徹底した個別制御であるデシカは、空調の4要素(湿度・温度・気流・清浄度)を満足させる最新の調湿外気処理機です。
ユニットフロア内共有スペースにおいて、しっかり除湿によるカビ対策とうるおい加湿で、クリーンで快適な環境を整えることができます。また、空調管理においても蒸し暑さや肌寒さを抑えた冷房、冬は芯から暖かい暖房がユニットフロア内を居心地良くします。
エアコンの暖房から出る風が直接当たらないよう壁を伝って床に広がるので、足元から暖かい「垂直気流」となっています。
また、暖房を長時間付けていると、喉も肌も乾燥します。しかし、このうるさらなら加湿機能が付いているため居室内の乾燥を防ぐことが出来ます。
全ユニット内にある共同トイレは、左右どちらかに麻痺がある方でも完全に利用出来るよう、左右対称のトイレとなっています。
トイレには背もたれがついており、座位保持がとれにくい方でも、背もたれがあることで滑落を防ぐことが期待できます。また、前傾姿勢の方でも安心して入れるよう、前方向に肘掛けがついています。

嘱託医の紹介

略歴 聖マリアンナ医科大学卒
学位取得 医学博士
ともえクリニック 院長
所属学会 日本内科学会認定内科専門医
東洋医学会漢方専門医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡学会指導医
週1回入居者様の診察をし、必要に応じて医療機関へ受診します。

夜間の緊急時の対応について

夜間の緊急時の対応は、緊急連絡体制に基づいてオンコール対応することで看護師が駆けつけます。
到着した看護師の判断で嘱託医又は近隣の協力病院へ連絡して、搬送受診など対処を行います。
主な協力病院(ともえクリニック・埼玉石心会病院)

サービス案内詳細

トップページへ戻る

Copyright © 社会福祉法人至福の会 むさしの園 All Rights Reserved.